2013年11月16日

夫のカノジョ、数字が悪いっていう記事ばっかり

夫のカノジョというドラマ。
うちは結構面白いと思って、家族でみている。

確かにタイトルは悪いと思うし、時々ドタバタだなーと思うシーンもあるけど、
内容としては悪くない。
というか、結構女性としては、考えるとこもあり、なかなかいいドラマだと思う。

それなのに、毎週、金曜日の朝には、夫のカノジョ、数字低迷みたいなことばっかり
書いてあって、主役の女優さんのコメントがかかれている。

数字のことばっかりいう気持ちもわかる。数字がわるけりゃ、スポンサーも
つかないだろう、うちきるしかないこともわかる。

でも、契約した人とか、ドラマを作ってる人の問題で、
せいいっぱいやってる役者さんのせいかどうかは微妙であるし、
私たち視聴者に”数字が悪い”っていうことを知らせて、

あー、面白くないんだ、じゃみないどこ。みたいに
もっていこうとしてる風潮はどうかと思う。打ち切りたくて
そういうニュースを流してるのかはしらないけど、数字のことばっかり
ニュースにするのは、不愉快。
posted by geinou otoku at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック